*All archives* |  *Admin*
04≪ 2017/05 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
債権回収の裏事情
日本債権管理組合という会社でアルバイトとして働いていた人の情
報です。

この会社は、主に通信販売やネット販売による未回収金を業者に代わり
「集金代行」といった形で回収する業務を行ってます。

「集金代行」の日本最大手の会社ともあり、ニッセンや、イマージュ、
ネット販売を行ってる業者の多くはこの会社を利用しています。

集金代行(債権回収)方法はハガキと電話による入金の催促のみです。

・ハガキ
調査書 → 通告書 → 督促書 → 催促書 → 最終通告 → 少額訴訟案内

大体こんな感じだったと思います。
うろ覚えですが。


・電話
その担当の債務者リストの量、仕事のスピードにもよりますが、2~3日
に1回程度です。(ケースにより変わります。)
債務者が転居した場合、役所で転居調査をします。電話番号が変わった
場合は2度と電話することはありません。

ここからが本題です。
最後まで未回収の債務者に対して、何ら法的処置(少額訴訟など)も何
も起こしません。金額に対して裁判費用(人件費など)がかかりすぎる
ので採算が合わないのです。

組合には債務者リストとして名前は残りますが、何ら問題はないです。
つまり、払わない者勝ちですね。

先ほどのハガキや手紙が多く届きますが、一切無視するか、そんな人物
はいないといえばOKです。
「以前、同居していた人物ですが、今は転居してどこにいるかわかりま
せん。手紙が届くのは迷惑です。」と言うのが1番良いでしょう。

なかには30万近く債務を放置している人物や、あちこちで買い物しまく
ってる人物なんかもいます。
勿論、自宅まで回収に行くといったこともありません。
偽名での購入や、本人と偽って購入した場合でも、組合として詐欺で警
察に届けるといった話はありません。

集金代行を行うスタッフのほとんどはアルバイトなので、成績を上げる
為に債務者の家族に債務の内容を話したり、不必要な言葉を言ったりす
ることが多々あります。そこらへんを突くのも良いでしょう。

FC2 Blog Ranking
↑↑↑↑↑
ドカーンと応援よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓




↑↑↑
クリック
スポンサーサイト

テーマ : 便利な銀行は? - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント
こんにちわ
平凡おやじです。

これは意外な盲点ですね。
ほとんどがアルバイトだとは
しりませんでした。
この事を知っている人は
少ないんでしょうね。

では応援♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。