*All archives* |  *Admin*
09≪ 2017/10 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「架空口座」を開設する方法
まず”私設私書箱”を開設します。(郵便局は不可)
この際、身分証明書が不要の所で契約する必要があります。
契約の際には氏名は口座の名義となる為、
必ず希望(架空)の名前を書きその他の記入事項は適宣に記入する事。
都市銀行か大手銀行のCD・ATMコーナー等から
「メールオーダー口座開設申込書」を入手し
契約した私設私書箱の住所、氏名電話番号(必ず契約した私書箱地域の
市内局番を記入する事。銀行側から電話確認の電話かある事は
ほとんどないが念の為使用できる電話番号)を記入の上捺印する。
尚、支店名には大きな店舗の支店名を記入し
職業(勤務先)を大学にする等して銀行にほとんどメリットのない学生を装う。
こうしておかないと銀行員の色々な勧誘で不正が発覚する危険性が伴う・・・

東京三菱、住友三井、東海等、架空名義の口座開設に
比較的厳しい銀行には私設私書箱の住所と名義人の氏名、
勤務先生年月日が記載された偽造保険証のコピー(自分の所有する物を
ベースに偽造可能。でも当然加入者番号は改変する事。パソコンがなくても
ワープロやコピーでもプリントアウトした文字を貼りつける事でも代用可能。


あくまでも実物ではなく、証明書のコピーを同封する制度の盲点が
この手口を可能とする。
開設する銀行によってはこの証明書のコピーを同封する必要がない銀行も
あるので偽造出来ない人はこうような銀行で口座開設の申し込みをする。
投函後(申し込み後)1~2週間で通帳とキャッシュカード(申し込んでいれば)

が別々に届くのでその時期を見計らって契約した私設私書箱へ行き
架空の通帳を入手する。
以上です。
これは「メールオーダー」だから出来る事であり、
直接窓口に行って申し込み等をすれば、
偽造発覚する可能性は大きいですから注意して下さい。

【注意】この情報は、を防止する目的で公開しています。

参考になったと思う方はランキングにご協力下さい。



    
スポンサーサイト

テーマ : お金の勉強 - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。